読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台

舞台

 舞台が好きです。
 ハマったきっかけは「ららら日和」のメンバーでもあるこえびちゃん。彼女と出会った当初はお互い学友の一人で、たまーに好きな本とかゲームとかの話をちょろっとクラスの中でするような、そんな関係でした。ですが、2年目の初夏くらいかな? ちょっとしたきっかけで、一緒にいることが増え、「私の好きなゲームのミュージカルDVDを持っているので、観てみないか」と誘われました。
 実写化はあまり好きではなかったのですが、気になったので貸してもらうことに。
 これがまあ、ぶっちゃけ、ヒロインも内容も大幅改変があったものの、面白かった!
 俳優さんたちは皆、真面目なパートではしっかりキャラを作ってくれていて、私の推しキャラは「現実にいたらこんな感じかなぁ」なんて思えるくらいの再現率。何より、ゲームを買ったきっかけになったキャラクターとあまり好きではなかったキャラクターが、ゲームと似たような声、二次元から飛び出してきたようなそんな感覚にさせてくれるほど、素敵でした。後にその俳優さんたちは私の推しになるわけですが、凄かった。
 特撮(戦隊物)が大好きなので、それに出ていた俳優さんたちだと気づいた時の成長の凄さに驚きました。
 舞台裏の映像も収録されてるのですが、役作りのためにゲームを、やりこんでくださっているようで、ミュージカル本編では出てこないセリフをさらりと言われてもうダメでした……。
 返すときに、感想を伝えると、これがまあ盛り上がって。続編も貸してもらったり、その年の暮れに舞台に誘ってもらい、推しの俳優さんを直で観に行きました。その日も舞台の後に各自の感想や考察を伝え合ったり、空き時間に話すときしばらくその舞台の話が中心だったり……最高に楽しい時間をすごせました。
 その後も誘ってもらった舞台に二人で行ったり、一人で舞台に行ってみたり。インドア派だったわたしが、劇場とはいえ外出をすることに母を驚かせたりしたのもこの頃ですね。
 今はなかなか時間が取れなくて(さらに地方なので講演があまりなくて)、直接劇場に足を運ぶことは少なくなりましたが、気になる舞台のDVDを買うようになりました。
 このブログはもう趣味全開で行くつもりなので、こういった話をしばらくするかもですが、こんなのが好きなんだなぁと思ってくださると幸いです。